ミニアルバム、発売チュッカエヨ!
皆様、お久しぶりです^^
どうせ遅れるだろうと思っていたのですが(汗)本当に5月2日にミニアルバムが発売されたのですね!
パッと見ちょっと怖い。。。
a0063426_1941968.jpg


まだ一曲も聞けてないのですが、とりあえずインタビュー記事。こちら

“歌に反する大衆.. ‘ナ歌手’出演欲が出て”[朝鮮日報] 2011年05月07日(土)午前09:54 |共有することFacebookTwitterが行って|Eメール|プリント


“愛物語を継続したかったです。 愛と離別という(のは)限定された主題だがもう少し人においがする曲らで満たしてみたかったんですよ。”イ・ヒョヌの新曲‘ホルリク(Holic)’と‘Pain(ペイン)’には歌人生20年をむかえた野心が溶けている。 この曲を聞くならば理由分からない悲しみがかっと湧く。

‘夢’、‘別れた翌日’のイ・ヒョヌが約4年ぶりにミニアルバム'Till Dawn(ティーをダウン)'を出した。 彼は去る4年間音楽活動と関連してはラジオDJを引き受けたのが全部としても過言ではない程ファン(パン)と断絶した姿だった。

4年ぶりの復帰所感を聞くとすぐに彼は“本当に気持ち良い”として興奮した姿を隠すことができなかった。 彼は“永らく他の領域生活をして故郷の家に帰ってきて可愛いしぐさ祭りをする気持ちだととても気楽でときめく心”と心境を打ち明けた。

“事実曲使う行為自体をあきらめて生きましたよ。 また、結婚という(のは)大きい行事もあったので曲が以前のようによく出てこないと思った漠然とした感じもしたし…. 私の歌を誰も聞き入れなくても自分自身のために、また、精神健康のためにと必ず出さなければならないと気がしました。”(笑い)


ファンたちが記憶するイ・ヒョヌのイメージは隣の家兄さんのような安らかな容貌とやわらかい中低音だ。 彼の歌は比較的付いて歌いにくくなくて、誰でも好んで歌うことができる離別曲が多いという評を聞いた。 今回の新曲‘敗因’やはり離別後愛の空席による極限の痛みを歌った。

今回のレコード作業では編曲街と深い対話をすることができたこともそれなりの収穫といった。

“その間(私が)曲全体を書き続けたが、久しぶりにレコードを発表して見たら新しい姿を見せてあげたかったし、それで編曲的な面で他の感じを与えなければならないようだという気がしました。 ちょうど私が出演中のラジオ プログラム担当PDが弘大(ホンデ)で音楽性を認められているシンガーソングライターで編曲をお願いすることになったし、その結果イ・ヒョヌの曲だが感じが新しい曲が出てきたようです。 その間の主流音楽から抜け出したようで新鮮です。”

“和やかな家庭を設けていて離別歌を使うというのが容易ではなかったようだ”と尋ねた。 イ・ヒョヌは“私たちはいつも時間と別れながら生きているのではないだろうか”と問い直して“他の見方をすれば私やはり長い間の未婚の男性時期を一緒にした孤独だということ、孤独らと別れながらその中で感じる懐かしさと悲しみが今回の曲作業を助けたようだ”と話した。

彼は音楽活動を休む間料理の本を展開してドラマに出演するかと思えば衣類事業にも挑戦した。 彼は“いつも違ったことに浅い好奇心を置いて生きているから多様な経験らをやれるようだ”として“機会がくれば今年中に美術作品展を開けてみたい”と話した。

新曲に対する反応は各種オンライン音源サイトに上がっているファンたちの文等で確認する。 この頃大衆音楽の消費者が過度に青少年層に偏重されていて新曲発表に勇気が必要だったが、ファンたちの暖かい一言を見るときは幸福感を感じるという。

“とても久しぶりに録音室を探すことになったのも楽しいが、ファンたちの応援まで受けて見たらこの頃本当に幸せです。 結果がとにかく久しぶりにレコードを発表することだけでも意味あることになったようです。 今後も熱心に曲作業をするべきだとの考えです。”(笑い)

有名歌手らが出演して歌唱をリリースするMBC芸能プログラム‘私たちの日夜-サバイバル私は歌手だ’(以下ナ歌手)の愛聴者というイ・ヒョヌ. 彼は“数十年間音楽活動をしてきた同じ年頃歌手らなのに、非専門家的な人々になぜ再評価を受けなければならないのか初めに理解度ならなかったし、また、今の音楽市場でたくさん抜け出した友人らがこのプログラムを通じて愛をもの乞いするように見えはしないだろうか心配もした”として“今でも放送を見ながら百パーセント満足なことではないが熱唱する姿に人々の心が動くのを見ながら満たされるということを感じる”と話した。

彼は“この頃には私も‘ナ歌手’出演に欲を持ってみるが片方ではとても恐ろしい。 見るだけでいてもこのように緊張する程ものすごい実力をリリースしているのに、私が出演するといっても上位圏進入は難しくないだろうか考える”として“もし出演提案が入ってくるといっても慎重に考えてみなければならないようだ”と笑った。


ミニなので2曲しか収録されてないのね~
youtubeって貼り付けできた記憶があったんだけど、うまくできないな。。。
pain
http://www.youtube.com/watch?v=WgSSdXju5jk&NR=1ttp://youtu.be/WgSSdXju5jk

holic
http://youtu.be/LUThOVRCNDs

追加
センイル動画を作られたかたがいらっしゃるみたいで、私のキャプも使われていました 嬉
10分あるのでお時間のある方は是非。
なつかし~オッパがあちこちに!
http://www.youtube.com/watch?v=FvzuM9ACUdE&feature=related
[PR]
by hyunwoo | 2011-05-07 19:10 | ★Music★
<< 次の仕事はミュージカル! オッパ、チュッカエヨ☆ >>


イ・ヒョヌ氏に関するブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Link
以前の記事
最新のトラックバック
元祖「韓流」、アン・ジェ..
from 韓国芸能ニュース
チャン・ドンゴンのプロフ..
from 韓国芸能ニュース
朝鮮日報 【特派員コラム..
from 朝鮮日報時事通信ブログ
地上波にて
from Let’s Try  韓流!
エルミタージュジャパン公..
from エルミタージュジャパン公式サイト
韓国映画ドラマファンの方..
from 韓国ドラマ映画なんでも情報館
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧