<   2006年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

新曲~♪
PCの設定のせいか?なかなか聞けなかったのですが、ここのブログで聞けました~♪
全部聞けます。

あ~~~久々の新曲「사랑할수 밖에...」、かなり素敵です!!!!

やっぱり歌はオッパが一番!!!


歌詞はこんな感じです。

翻訳機にかけておかしなところは私の感覚で直しちゃいました(笑)
辞書は引いてないので、間違っている可能性大です。。


ま、切ない愛の歌、ということだけはお分かりになるかと、、、(笑)


◇■愛するしか■◇

目を開いていても、私は見られなかったのです。
恐怖が私の目を覆っていたりしたのです。
何のために生きるのか、どこに向かって行くのか
今やっとわかるのに、君だった、ということを

憎むことしか、私はできないんですか
去る君を どうしても引き止めたいのに
君がいない私の生活は、光がないということを 
わからないのですか?私はまだ君を愛していることを

君に会いたいのに、零れ落ちた涙が
しきりに私の目を曇らせます
君にしなければならかったことはたくさんあるのに、私には後悔だけです
振り返ることができないくらい、遠くに来てしまったのです

憎むことしか、私はできないんですか
去る君を どうしても引き止めたいのに
君がいない私の生活は、光がないということを 
わからないのですか?私はまだ君を愛していることを

戻ります。今回だけは私がここにいます。
避けてください。一度だけ悲しみの矢を。
私には愛が一歩遅く来て
どうしてみな別れは急いで訪れてくるのですか?

それを知ろうと、離れるのですか?
私はまだ、私はまだ君を愛していることを。
[PR]
by hyunwoo | 2006-04-30 20:37 | ■Others■

なかなか、、
みなさん、こんばんは^^

なかなかアップされなかったサイン会の画像!
やとナチュラルに載ったのでご紹介。(個人サイトでは見つけたんだけどねぇ)
期間限定です~。

あと、少々他の話題も。

まずは写真から!
from "natural"
ちょっと失敗しましたが、お許しを(笑)
前の画像が残っちゃうんだよねぇ、、どうしてかしら、、何をやっても大きさが違うとこうなっちゃうんだよねぇ。


ジーンズに白いシャツ、それにストライプのジャケット!
かっこいいっす!!

いいな~~本にサインしてもらって(笑)

前回のサイン会のときもあったけど、プリングルスのオリジナル、オッパすきなのかなぁ?
実は私も好きなんですよ、オリジナル♪


そして、とうとうオッパの新曲が!!!
メロンというサイトとこのサイトの両方でMVが見られるらしいですが、登録が必要です、、、OTL
しばし他のブログ等にアップされるまで待ちましょう。。。
紹介文だけ。。
「5月 8日...
2年ぶりに歌手に復帰したイ・ヒョヌ
2004年 5月 9集を最後にドラマとラジオ DJ, 事業家で活発な活動をしているイ・ヒョヌがまた歌手に復帰した.
派手な花火のように手につかまらない切ない愛を歌ったタイトル曲 '愛するしか'はイ・ヒョヌ特有の唱法と甘美な音声がよく生きている. また遅いバラードで始めて激情的に終わる曲の構成がよく一団となって楽に聞くことができる.」
聞きたいっす。。。


こちらはももきさんが紹介してくださった「宮崎観光マップ」のHPです^^
オッパの紹介コメントがすばらしいので、引用(笑)
「1991年歌手デビュー。作詞・作曲・編曲まで行う、韓国を代表するシンガーソングライター。音楽活動の他、「屋根部屋のネコ」「結婚したい女」等に出演するなど、俳優活動も行う一方、化粧品会社の社長という顔も持つ。 」
ファットドッグも言及してほしかったけど、それは贅沢かな^^;
[PR]
by hyunwoo | 2006-04-30 01:38 | ☆Photos☆

かわいい~!!!
みなさん、こんばんは^^

まずは、写真だけ!
オッパの子供時代!かわいいっす!!!!

a0063426_19484821.jpg



ニュースソースはこちら。


歌手イ・ヒョヌ '天真爛漫ほほ笑みの幼稚園時代'

日の光照り付ける階段に座って春の日日ざしみたいなほほ笑みを垂れた一少年‘あの時グシゾル’を思い浮かぶようにする運動靴をはいて明るい笑いをしている写真の主人公は歌手イ・ヒョヌだ.

ハンサムな顔と甘美な声, すぐれた絵腕前を持った歌手イ・ヒョヌの幼稚園時代姿が彼が最近売り出した本 ‘イ・ヒョヌの生き方’に公開されて人目を引く.

ライブ舞台で障りない歌腕前をお目見えしてたまには演技者としての隠れた魅力でファンの目を捕らえるイ・ヒョヌのオリルゾック姿は天真爛漫そのものだ.

小僧イ・ヒョヌは巻くことができない内気な性格で空想に耽るのが好きだったと.

柔らかさとカリスマが交差するこのごろの姿と違い幼い小僧特有のいたずら気の立ちこめた顔が情感を感じらせる. 両手を足の間に入れてたっぷり笑いをした表情で滑稽な雰囲気が感じられる.

幼稚園に通う時には何らの心配なしに笑っているが中学生時代彼は家族と一緒にアメリカで移民を去りながら言語に対する負担が生じた. 多くの民族の学生たちが通う高等学生路進学したイ・ヒョヌは校内で人種どうし仲間割れがつながる状況を見守って自らを鍛錬させることに心に決めた.

当時争うこととからは距離が遠かったイ・ヒョヌは兄さんから強い訓練を受けたしお腹に「王」字まで刻まれるほどに残酷な体力鍛錬と運動をしたこと. それでも争うよりは美術塾に行って描くことに楽しさを感じた. 美術に才能が多かった彼はアメリカのパーソンズデザイン学校を卒業した.

彼の芸術に対する才能と熱情は音楽につながって 1991年 1集アルバム ‘Black Rainbow'を売り出して歌手になった.


オリルゾックから美術を通じて芸術的才能を発揮したし 20代に至っては歌手にデビューするようになった. 1991年 1集 'Black Rainbow'で始めて 2004年 9集アルバム 'Sinful Seduction'に至るまで多くのアルバムを出して人気歌手で落ち着いてファンと呼吸を一緒にした.

歌手, 演技者, MCで活動して自分の力量を広げて来たイ・ヒョヌが今年にはどんな分野に挑戦するか期待される.


小さい頃から可愛かったオッパ!!
いまいち、家族構成がわかってないんですが、お兄さん、オッパ、妹さん二人、でいいんですよね??
中間子ということですね^^

ちなみに、「パーソンズデザインスクール」を調べてみました。こちら
「世界的に有名なファッション・アートの大学で、超難関校としても知られています」
す、、すごい!!
あのマーク・ジェイコブスやケリー・チャンが卒業生だそうです。
さすがオッパ!!!

[PR]
by hyunwoo | 2006-04-28 19:49 | ☆Photos☆

★祝★エッセー集発売!
みなさん、こんばんは。

今日はオッパのエッセー集の発売!!
悲しいニュースを乗り越えて、新しいオッパの姿に出会いましょうね^^

あちこちのニュースで上がっていますが、それぞれ引用されている文章が違ったりしているので見つけた分をアップしていきますね。
長くなってしまいそうです^^;
すいません、めちゃ長くなりました。。。
エッセー集関連の記事5個と、映画とコーヒーショップの記事をアップしました。
それと、ここのブログではオッパの本の題名を私の独断で(笑)「生き方」と訳させていただいております。。。m(_ _)m

あと、値段は「1万ウォン」だそうです。
写真もあって、イラストもオッパで、、ファンにとっては嬉しい価格ですね^^


イ・ヒョヌ ‘イ・ヒョヌの生き方’ 出刊で作家宣言


演技者で活動中の歌手イ・ヒョヌが今度は作家に変身した.

イ・ヒョヌは去る 2002年 7月 ‘イ・ヒョヌのシングルのためのイージークッキング’を発刊した以後, 4年余りぶりにエッセイ ‘イ・ヒョヌの生き方’(ブックポルリオ)を 26日出刊する.
イ・ヒョヌ側は 24日 “イ・ヒョヌがこの本を書くために 2年位かかった”と “現在は演技者として MBC 日々劇 ‘愛は誰にも止められない’に集中している”と明らかにした.

イ・ヒョヌはエッセイ ‘イ・ヒョヌの生き方’でその題目が意味することのようにその間言論を通じてイメージ化されて来たイ・ヒョヌの姿ではない ‘人間イ・ヒョヌ’をのぞき見られる内容で構成されている.

今度の本にはイ・ヒョヌの胸がつぶれた愛話, 思春期時代アメリカで移民を行くようになって経験した思春期時代の彷徨と思い出話, 歌手に成功したが絶望の那落に落ちて迷いながらまた再起をするまで波乱万丈した彼の一代記が盛られている.

特に彼は “信じがたいが, 私はギャングダンや組織暴力団たちの間でも起りそうな乱闘劇の主人公になった事があった. 生存するためにの時では家族を保護するために死に物狂いで身悶えしなければならなかった日々たち, 私にもそんな時代があった”と 10代思春期時代を回想した.

また彼は “事業は全然疎い分野と思ったが, 実際にやって見たらその間私が経験したすべての経験がこの事業中にそっくりそのまま解けて交ぜて行った. DJのように仲間たちにきちんきちんと話さなければならないし, MCのように何かを説明して紹介しなければならないし, 開いた口が塞がらない演技をしなければならない時もある”と事業家としての自分を紹介した.

普段懇意な仲間に知られた歌手ユン・ジョンシンは “柔らかいほほ笑みが彼の魅力だと言うが, 私は彼の魅力を ‘固執’と思う”と “柔らかいがその後に立ち構えているやりこなすという ‘やせがまん’と ‘駄目押し’…本当のイ・ヒョヌにはもっと魅力ある”と言った.

また今度エッセイには美術を専攻したイ・ヒョヌが直接グリーンイラストとその間公開されなかった彼の写真が一緒に構成されている.

今度本は 1部 ‘すべての実には花の咲いて落ちる話が隠れている’'人と人の間には島がある', 'ニューヨークは巨大な動物園で'構成された.
2部は ‘夏の熱いほど実は甘ったるい’‘私は歌う. 歌うでしょう’, ‘時にはひとりなので幸せだ’というタイトルで編んだ.

一方イ・ヒョヌは 26日本を発刊して 27日にはソウル江南Kyobo文庫でサイン会を持つ. また MBC 日々劇 ‘愛は誰にも止められない’を来る 7月まで撮影を終える予定だ. 来る 7月にはユン・ジョンシンとともにジョイントコンサートを開く.


タイトルのつけ方のセンス、とってもオッパらしいと思いませんか?「私は歌う、歌うでしょう」というタイトルとか絶妙です。
そして、親友のジョンシン氏が語るオッパ像。
そうでしょう、オッパは「意志の固い」人だと思っていました!
なおさら魅力的なんですよね^^



イ・ヒョヌ "マリファナ事件は私の人生最大過誤"


自伝エッセイ 'イ・ヒョヌの生き方'で告白

雰囲気に荒されて犯した小さな間違いが一人間を回復不能の絶望と那落で落としたりする. この悟りをひしひし節減するようにしてくれたきっかけはすぐマリファナ事件で拘束された事だった. その事件は起こすように終りがどうもも分からない絶望を抱かれてくれた."('イ・ヒョヌの生き方中)

歌手イ・ヒョヌが人生 40年, 歌手生活 15年を振り返る自転エッセイ 'イ・ヒョヌの生き方'(ブックポルリオ)を出した. 彼はこの本で 1993年 '夢'をヒットさせる当時起ったマリファナ事件に対して初めて口を割った. この告白には自責と悔しさが一緒にとけている.

本によればイ・ヒョヌはデビュー初コンサートを控えて自宅で麻薬専担捜査官によって警察署に連行された. 彼は友達とナイトクラブ, 清平遊園地背いてマリファナを吸いこんだことがあって検事の尋問に素直に事実を自認めたと言う.

イ・ヒョヌは "マリファナに何らの罪の思いがなかった. そのようにおびただしい社会的波長を駆って切り取りなさいとは思わなかった.(中略) アメリカでは大麻吸入が大っぴらな秘密みたいなことだった"と "マリファナを口にかみながら正常の人気に上がったロックグループリードシンガーでもなったような気持ちに掛かったりした.(中略) ところでそれが私の人生最大の過誤に記録されるとは…"と回考した.

また "当時 3週間拘束されて鉄窓世話になった. 切歯腐心終りに '別れた翌日'で復帰するまで長年の期間暗たんたる絶望の沼でじたばたしなければならなかった. 盛んに旺盛に活動して音楽的な姿を繰り返えす時期に言葉だ. もう忘れたが本当にかんしゃくが起こる事だ"とも言った.

末尾に彼は大麻合法化動きもあるがこれに対してはどんな立場表明も, 積極的な同参も避けたいと言って人目を引く.

この以外にも 'イ・ヒョヌの生き方は '人間イ・ヒョヌ'をのぞき見られる内容で満たされた. 胸がつぶれた愛話, 思春期時代アメリカに移民行って経験した彷徨と思い出, 歌手としての成功と絶望, シンググルナムのライフスタイル, これからの夢に対して率直に敍述した.

美術を専攻したイ・ヒョヌが直接グリーンイラストとその間公開されない写真も見る楽しさを加える. 248ページ. 1万ウォン.


本当に正直な人です。
語りたくなかったであろう過去を見つめて語っている。
私たちの間でも何度となく話題になった「マリファナ事件」に関しても言及されているようですね。
「人間イ・ヒョヌ」を知ることができる貴重な一冊です。



イ・ヒョヌ, 'デビュー 15年' 自伝エッセイ出す

歌手かたがた演技者で活動中のイ・ヒョヌが来る 5月自伝エッセイ 'イ・ヒョヌの生き方'を発行する.

普段料理が趣味であるイ・ヒョヌ増えた去る 2002年出刊した料理本でもう出版界に申告式を支払った事があるが, 今度出刊する 'イ・ヒョヌの生き方は題目が意味するそのまま生と愛など '人間イ・ヒョヌ'を盛った自伝エッセイという点で人目を引く.

1部 'すべての実には花の咲いて落ちる話がひそんでいる'ではその間言論に未公開された家族に対する話と中学校時一家がアメリカで移民を行って経験したことと初恋に対する記憶を盛った.

またデビュー初期歌手に成功したが 'マリファナ事件'で絶望の那落に落ちて迷いながらまた再起するまでの暗い時代に対する話も盛った.

2部 '夏の熱いほど実は甘ったるい'にはエンターテイナーと同時に事業家として多方面で活動するイ・ヒョヌのライフスタイルとこれからの夢に対する話を解いて置いた. 美術を専攻したイ・ヒョヌが直接グリーンイラストと未公開写真も読者たちに見どころを提供する.

この本でイ・ヒョヌはアメリカ移民生活に対して "ギャングダンや組織暴力団たちの間でも起りそうな乱闘劇の主人公になった事があった. 生存するため, 時には家族を保護するために死に物狂いで身悶えしなければならなかった日々たち, 私にもそんな時代があった"と回想するうえ, マリファナ事件などで試練を経験した後再起した過程を "一回涙をこぼしたら変に心が楽になることを感じた. 私は初めてまた世の中に対立する意志, 力を胸いっぱい抱くことができた"と描いた.

また "事業は全然疎い分野と思ったが, 実際にやって見たらその間私が経験したすべての経験がこの事業中にそっくりそのまま解けて交ぜて行った"と "DJのように仲間たちにきちんきちんと話さなければならないし, MCのように何かを説明して紹介しなければならないし, 開いた口が塞がらない延期をしなければならない時もある"と芸能人と事業家としての領域を比べたりした.

著者であるイ・ヒョヌは 1991年 '悲しみの中に君を消せばこそ日'という曲でデビューしてから 15年の経ったイ・ヒョヌは歌手と演技者, ラジオ DJ など万能エンターテイナーに活動して幅広い年齢帯のファンを確保しているし, 'fatdog' 'コーヒーネイチャー' など多様な事業を始めて軌道に乗せた事業家でもある.


色々なところで書かれていますが「移民」という言葉、割と韓国では普通に使われるんですね。
(日本語だとなじみがないんですが、、、)
思春期の頃に全く違う国で生活するのは、本当に辛かったでしょうね、、、



イ・ヒョヌ, 二番目の本出した

歌手兼演技者イ・ヒョヌ(40)が二番目本を出した. 2002年 ‘イ・ヒョヌのシングルのためのイージークッキング’という料理本を出したイ・ヒョヌが今度は ‘イ・ヒョヌの生き方’という握筆集を出した.

形式にかまけないで自由に書いて下がった文だが題目で漂うにおいのように自敍伝的な要素が多い.
‘人間イ・ヒョヌ ’が踏んで来た 40年の名残をそっくりそのまま追い付くことができるからだ.

中学校の時のアメリカに移民行って経験した経験と初恋に対する記憶, 左衝右突したデビュー時代とマリファナ事件による暗い時代の話, その間言論に知られなかった家族話などが 1部に盛られていて 2部には歌手で演技者で, 事業家で成功した男のライフスタイルを盛った. アメリカで美術とデザインを専攻したイ・ヒョヌが直接グリーンイラストと未公開写真も本に収録されている.

普段静かでばかりしたイ・ヒョヌの姿だから想像しにくい内容もある.

‘信じがたいが, 私はギャングダンや組織暴力団たちの間でも起りそうな乱闘劇の主人公になった事があった. 生存するため, 時には家族を保護するために死に物狂いで身悶えしなければならなかった日々たち, 私にもそんな時代があった’とイ・ヒョヌは語った.

イ・ヒョヌはこの本で媒体を通じて知られた 'イメージとしてのイ・ヒョヌ'ではない ‘人間イ・ヒョヌ’の姿を見せてくれることで読者たちと直接疏通しようと思った. イ・ヒョヌの生と音楽に対する熱情をうかがうことができるこの本は 26日出刊される.


「オッパの40年の軌跡を知ることができる」、、ますます欲しくなりましたっ!!


イ・ヒョヌ, この前のマリファナ事件の時の絶望初めて告白

イ・ヒョヌが歌手として成功を走る中マリファナ事件で那落に落ちた絶望の記憶を初めて告白した.

現在歌手かたがた演技者, ラジオDJ, 事業家で縦横無尽活動するイ・ヒョヌ増えた 26日出刊予定である自敍伝 ‘イ・ヒョヌの生き方(ブックポルリオ)で芸能人に活動した 15年の歳月を整理して大変な告白たちを打ち明けた.

もう 2002年料理本を出刊した事があるイ・ヒョヌは今度自敍伝で彼の胸がつぶれた初恋とアメリカに移民行って経験した思春期時代の彷徨, そして歌手としての成功以後また絶望に落ちて迷った時代の話を告白した.

その間言論を通じてイメージ化になったイ・ヒョヌではないイ・ヒョヌ自らが言う人間イ・ヒョヌをのぞき見られる機会. 特にその間公開しなかったマリファナ事件による暗い時代の話を打ち明けたのが驚くべきだ.

イ・ヒョヌは本序文で “傷が忘れるほど古い記憶を手探りする事はむしろ楽しかったが, まだのぞき見たい記憶があった”と言ったが, “こんなに結び目一つ作って行くことでオルゲが身軽になった感じだ”と今度告白が生の慰安だったと意味を付与した.

大学で美術を専攻したイ・ヒョヌは今度自敍伝のイラストを直接描いたりした.


真実を書くことによって癒された、、、その言葉を信じたいと思います。


今日はやたらとニュースが多いです(笑)
映画のニュースとコーヒーショップのニュースもあげておきますね^^

イ・ヒョヌ音うわさなしに映画 ‘夏がたつ前に’ 主演熱演


歌手及び演技者イ・ヒョヌが音うわさなしに映画 ‘夏がたつ前に’に出演した.

イ・ヒョヌは映画 ‘夏がたつ前に’(監督ソングジヒェ/製作エムエンエプシ)でフランスパリで勤める外交官役を引き受けた. 去年 11月初から 12月中旬まで一月反情も撮影したし今年秋封切りを目標にしている.

パリに派遣されたイ・ヒョヌはパリで留学中の女と偶然に会って愛を分けて帰って来るようになる. 男に従って韓国に帰って来た女とその女を愛する男, 三人の男女の愛とその愛をつまらなく思ったり, お互いにフィドルリギもしながら起る愛に関する話を穏かに描き出した.

イ・ヒョヌの相手役目はキム・ボギョンが引き受けた.

'夏がたつ前に'のファングユンゾングプロデューサーは 26日 “イ・ヒョヌが今度映画のシナリオを面白く見たし演技に対する魅力を感じてまともにやって見たいという欲心が生じて今度映画出演を決心したことで分かる”と明らかにした.

イ・ヒョヌ所属社のある関係者は “ソングジヒェ監督が KBS 2TV ドラマ ‘ウエディング’に出演したイ・ヒョヌを見てキャスティングを決めた”と言った.

‘夏がたつ前に’はパリで留学したソングジヒェ監督の長編デビュー作でフランスカンヌ国際映画祭競争部門に出品されたが進出は挫折された. 映画振興委員会の HD映画支援金 3億ウォンをもらって皆 6億ウォンの製作コストで作られた低予算映画でもある.

一方, イ・ヒョヌは最近エッセイ ‘イ・ヒョヌの生き方’を出刊したし 7月コンサートを持つなど忙しい活動を広げているし今年の冬頃映画出演を計画している.


いやいや、噂はありましたよ(笑)
一回ニュースにもあがったしさぁ。。。ファンの間では有名だったのに!
穏やかな恋愛映画、これも楽しみですね^^



イ・ヒョヌ二重の慶事 ‘チェックツルガン, コーヒー専門店オープン’


歌手イ・ヒョヌが事業を確張して人目を引いている.

イ・ヒョヌは 26日モクドン複合上映館メガボックス建物私のフランチャイズコーヒー専門店 ‘コーヒーネイチャー’をオープンした.

イ・ヒョヌはこの日 ‘イ・ヒョヌの生き方’エッセイ家も出刊されて人目を引く. 彼は同じ日事業拡張とともに本が出刊される二重の慶事が私はのだ.

特にイ・ヒョヌは最近映画 ‘夏がたつ前に’と MBC 日々劇 ‘愛は誰にも止められない’ などを撮影して本格的な演技生活で忙しい日々を過ごしている. こんな渦中に本と事業拡張はイ・ヒョヌ自分にまた他の挑戦だ.

イ・ヒョヌはもう ’ファットドッグ’ ‘コーヒーネイチャー’ ‘女性化粧品オルライブ’ など事業をしているし, 歌手演技者 DJで多方面で万能エンターテイナーで活動している.

一方イ・ヒョヌは来る 30日まで SBS パワーFM ‘イ・ヒョヌのミュージックライブ’を 4年余りぶりに仕上げて下車する. このプログラムは完全廃止されて 5月 1日からはギャグデュオカルトが‘2時脱出カルトショ’を進行するようになる.


オモ!ネイチャーも今日オープンだったんですね!だから発売日の今日にサイン会なかったのかなぁぁ??
[PR]
by hyunwoo | 2006-04-27 00:19 | ■Others■

ラジオ
今日は会社なのでとりあえず携帯からの投稿です。
家に帰ったらまた調べて書き直しますが…

オッパ、ラジオを降りてしまうそうですね。
チ-ムの方からメ-ルを頂いて知りました。体力的に辛い、とのことですが、年末にもそのような話はありましたしね。
寂しいですが、今年はCDの準備もありますし、もしかしたら日本公演も…!?
本業の歌手に力を入れていくのかな?

最終回は聞くつもりです☆


===追記===

ニュースに上がっていたみたいですね。こちら

翻訳文

イ・ヒョヌ 4年ぶりに SBS ラジオ DJ 下車


歌手兼タレントイ・ヒョヌが 4年の間進行した SBS FM ‘イ・ヒョヌのミュージックライブ’から下車する.

イ・ヒョヌは来る 5月 1日まで ‘イ・ヒョヌのミュージックライブ’を進行した後演技者として活動を引き続く計画だ.

イ・ヒョヌ所属社ある関係者は 25日 “イ・ヒョヌは春改編を迎え 5月 1日まで進行する”と “多くの活動で本人が体力的に苦しがって DJで退くようになった”と明らかにした.

イ・ヒョヌは去る 2002年 4月 SBS FM ‘イ・ヒョヌのミュージックライブ’で DJで活動して延期まで竝行して忙しいスケジュールを消化した.

この関係者は “イ・ヒョヌはしばらく演技者として活動する計画だ”と “最近には映画 ‘夏がたつ前に’を撮影したし, MBC 日々劇 ‘愛は誰もあきれて’も来る 7月まで撮影する予定だ”と付け加えた.

イ・ヒョヌの去った席はギャグデュオカルトが新しいフォーマットで飾りつけて進行する.

一方イ・ヒョヌは 26日エッセイ家 ‘イ・ヒョヌが住む方法’を発刊して作家としての面貌をお目見えする. また来る 7月には懇意な仲間である歌手ユン・ジョンシンとジョイントコンサートを開く計画だ.

==============================================


というわけで「体力的に厳しい」というのが理由のようですね。
確かに最近のやつれかたは尋常ではなかったので、ラジオがなくなればスケジュールにはゆとりができるのかな、、と淋しい反面ほっとしています。

とりあえず夏以降は本業の方を頑張ってくれるのでしょうか、、、

そういえばドラマの主題歌を作ったりと忙しかったですもんね。。。


明日はいいニュースがありますし、「歌手」そして「演技者」「エッセー作家」としてのオッパを応援していきましょう~!!!
[PR]
by hyunwoo | 2006-04-25 14:36 | ■Others■

オッパの本!!
みなさん、こんばんは^^

いよいよ、明後日発売です!!

(あれ?一日ずれた?)

a0063426_2121839.jpg


ニュースで内容が紹介されていたので、翻訳文を載せておきます。(読みやすいように手直しはしました)
(もとニュースはこちら

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

イ・ヒョヌ "暗い時代, 乱闘劇の中主人公だった"

ドラマでは演技者で, ラジオでは DJで, また事業家で縦横無尽に活躍中の歌手イ・ヒョヌが今度は本の著者で自分のまた他の姿をお目見えする.

イ・ヒョヌは来る 26日自分の自転的エッセイ 'イ・ヒョヌの生き方(ブックポルリオ)'を出刊する. イ・ヒョヌは 2002年出刊した料理本でもう出版界には申告税(?)を支払った事がある.

しかし今度出刊される 'イ・ヒョヌの生き方'はその題目が意味するように、その間言論を通じてイメージ化されて来たイ・ヒョヌの姿ではない '人間イ・ヒョヌ'をのぞき見られる内容で構成されている.

胸がつぶれた愛の話, 思春期時代アメリカに移民して経験した思春期時代の彷徨と思い出話, 歌手に成功したが絶望の那落に落ちて迷いながらまた再起をするまで.

本にはその間言論に公開されなかったイ・ヒョヌの家族に対する話, 中学校の時全家族がアメリカで移民して経験した独特の経験と初恋に対する記憶が盛られている.
いっしょに左衝右突したデビュー時代とマリファナ事件による暗い時代の話が盛られている.

またエンターテイナーで, 事業家で, 歌手として多方面で成功した男としての面貌とシンググルナム(男?)としてのライフスタイル, これからの夢に対する話も盛った.

本では彼の多様な姿に会える.
性格(人間?)が形成される中・高校時代, 移民者としてニューヨークで過ごした記憶の中にはコミックなエピソードとともに怒りと憂鬱さが交差されている.

映画 '友達'や 'マルズックゴリ残酷史'に出る主人公たちのような時間が彼にもあったという事実は意外だ.
柔らかいイメージにだけ知られたイ・ヒョヌが拳をむっと握って目には青筋を立てて相手と争う態勢をして立っている姿を思い浮かべるのは難しい.
しかし彼にそんな時間があったと言う. ホギロブジはないが彼が持った男ダウン魅力は正しくこんな内攻から出るのだ.(この辺よくわかりません^^;)

"信じがたいが, 私はギャングダンや組織暴力団たちの間でも起りそうな乱闘劇の主人公になった事があった. 生存するため, 時には家族を保護するために死に物狂いで身悶えしなければならなかった日々たち, 私にもそんな時代があった." - <1984 in New York> 中で

事業家としてのイ・ヒョヌはスマートで歌手としてのイ・ヒョヌは熱情的だ.
またシンググルナムイ・ヒョヌはロマンチックだ.


"どもるとか冷たく感じられる私の姿の裏面には、意外に適応がお上手で活逹なまた他のイ・ヒョヌがいる.
環境が変わってもあまり慌てないで, 分からない人に会っても馴れ馴れしく質問を投げたり躊躇しない.
人と付き合うには時間が長くかかるものの, それだけないなら意外に早く不慣れな状況や人を受け入れる方だ. こんな早い適応力はどうもお母さんに似ているようだ." - <ニューヨーク入場券, ブルース里> 中で

この本は自然と人間に対するイ・ヒョヌの愛情観と自由になるためのイ・ヒョヌの人生話を真率に盛った. また美術を専攻したイ・ヒョヌが直接グリーンイラストとその間公開されなかった彼の写真が一緒に構成されている.

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

これは読めない、とか言ってる場合ではありません!!
読むしかないでしょ!
オッパの考え方や過去を知ることができるなんて、こんなチャンスはない!!

しかもオッパが「乱闘劇の主人公」って!!!
全くもって想像できない!

あんな穏やかで優しいオッパの過去にはいろんなことがあったんですね。。。

さぁ、みなさん、26日は本屋にダッシュ!!(売ってないけど(笑))
[PR]
by hyunwoo | 2006-04-24 20:59 | ■Others■

いやいや、驚き、、、
みなさん、こんばんは^^

今日は特になんの情報もありませんが、オッパ関連のことを二つほど。

一つは、はてなにも書きましたが、プチオフ会(?)して参りました^^
宮崎にも韓国にもいらした方なんですが、まぁ、聞いてびっくり!!

私が撮った宮崎の写真に写ってらっしゃる!

というじゃないですか!!(笑)

しかも以前↑のタイトル部分に使用していた写真にいたそうで、、^^;
それはものすご~くニアミスですね!!

前にも書きましたが、宮崎では私が知っている限り、私を含め四人のオッパファンが追っかけ(笑)をしていたのですが、情報をまとめてみると、オッパの来日から帰国までほぼすべて網羅してるのです(笑)

あ、初日のゴルフ場は漏れてるかも、、??

早く日本でウェディング放送されませんかね~^^


そしてもう一つ。

さっき母上(現在父の家@名古屋にいます)と電話をしていたんですが、そのときのこと。

「そういえばさ、オッパって屋根部屋がなんとかってドラマに出てるでしょ?」
と聞かれたので
「そうだよ~、あれではまったんだよ、私」
「室長だっけ??」
「そうそう、なんで知ってるの?」
今こっちでやってるんだよ~!ちょっと見たよ~。」
「え?今何話ぐらい?どんなシーンだった?」
「なんか変な女の子と食事をしようとか言ってたけど」

母上、、、変な女の子って、、、(笑)
ジョンウンとは食事ばっかりしてたから、どの辺かそれじゃあ全然わからんとです^^;
(しかも「面白くなさそう」とバッサリ。「韓ドラっぽくなくて面白いから見てね!」とは言ったものの見てくれるかどうか、、、)

で、調べてみるとCBC中部放送(だったかな?)で朝月~金、毎日やっているのです!
(現在10話ぐらいでした。)

検索数の謎が解けましたっ!!

だから「イ・ヒョヌ」の検索が多かったのか!

そういえば、中部地方のファンの方には知り合ったことないかも、、、
地上波でやってなかったところは、知名度が低いですもんね^^;
[PR]
by hyunwoo | 2006-04-23 01:17 | ■Others■

韓国特派員レポ♪ 最終回
みなさん、こんばんは^^

ずっとお休みしていましたが、かまるさんの韓国レポ、最終回でございます^^

まずは行ってみましょ~!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

韓国で手に入れたパンフレットを2つご紹介。

☆パンフレット
これは、マノ・アートセンターのレストランのテーブルに置いてあった
マノ・アートセンターについてのパンフレットです。
一番左上の隅にオッパの絵が載っています。
a0063426_23523336.jpg


☆パンフレット
これは、あやさんもお持ちのこととは思いますが、
FatDogの店内に置いてある、2005年秋冬ものの商品カタログです。
a0063426_23524646.jpg



今度は、オッパの楽譜事情についてです。

私がソウルに行った一番の目的は、あやさん、ご存知の通り、
オッパ歌の楽譜探し。

日本にいる間も、韓国の音楽関係商品を専門に扱っている
バイヤーに調べてもらったりしてたのですが、全く手ごたえがないので
自力でソウルに探しに行くことにしたのです。

日本では、「楽譜」というと、YAMAHAや三木楽器なんかに行くと
置いてあるのですが、韓国では楽譜は普通の本屋で取り扱って
います。

なので、ソウルで一番大きな本屋「KYOBO」に探索にまいりました。
でも、韓国では教則本などなはたくさんあるのですが、ポピュラーとなると
ほとんどありません。バンド用のスコアブックすらないのです。

それでも、韓ドラと韓国映画の楽譜を5冊(結局、店内にあるもの全部)
を購入してまいりました。
オススメは、2004年あたりのドラマ曲を集めた一冊。
これには「屋根ネコ」の曲が2曲収められています。

韓ドラ楽譜については、日本の方がはるかに種類も曲数もバラエティに
とんでいるというのが、よくわかりました。
a0063426_23531614.jpg


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ということで、かまるさん、目的のオッパの楽譜は手に入らなかったようで、それはちょっと残念でしたね^^;
私はピアノをうっぱらって幾年月って感じなので(笑)楽譜とは思いつきませんでした!

とりあえずカラオケでオッパの曲(10曲ほどDAMに収録されています)を歌いたい!!
まずは歌詞を覚えなくては(笑)

かまるさん、詳しいご報告、どうもありがとうございました^^


そして、昨日アップした変なサイト(笑)をちょいと手直ししました。
なぜか「ちょっとHPでも作ってみるかな」とジオシティーをクリックしてみたら、ものすご~く簡単にHPが作れることがわかったので、ちょっと作ってみたのです。
(ぷららのHPはタグを手打ちしているので超面倒!)
特に何も考えずに作ったので、写真もじっくり選ばず、曲も私のPCに入ってる曲のなかでasf形式のものが数曲あったので、適当に選びました^^;

missing youがすごく好きだというわけではありません^^;
(もちろん好きなんですけど、他に使いたい曲もあるんですが、、、)
簡単に音楽が挿入できたのでびっくり!(笑)

写真に関しては、gifアニメに変換できたのでこれにしてみました。
音楽に合わせてフラッシュにしようかと思ったんですが、バラバラの方が気分で写真や曲を変えたりが簡単そうなので。

しかしジオシティーの広告はうざいですね。。。

ってなわけで「こんな曲を入れてくれ」「この写真を使ってくれ」というリクエストお待ちしています。
勉強の気分転換にこのHPがちょっとずつ変わっていくかも!?

それではおやすみなさい^^
[PR]
by hyunwoo | 2006-04-21 00:03 | ◆LHW in Korea◆

素敵なお知らせ第2弾!!
みなさん、こんばんは^^

今日も新しいニュースがナチュラルに載っていたのでお知らせです♪

↓この件です^^
a0063426_019320.jpg


オッパの本は、なんとエッセー集だった!!

なるほど~、だから挿絵が入ってるのかぁ。
(なんとなく詩集かと思っていました。。年末のこともあったので(笑))

タイトルは
이현우가 사는법 (イ・ヒョヌの生き方)
(日本語訳は適当です。「살다」「生きる、暮らす、住む」です)

サイン会もありますよ^^
★ - 日時 : 2006年 4月 27日(木) PM 6時 30分~7時 30分
- 場所 : Kyobo文庫 江南店 (非小説コーナー)

★- 日時 : 2006年 5月 4日(木) PM 6時 30分~7時 30分
- 場所 : ソウル文庫 鐘路店 (非小説コーナー)

おっと、後半の方はGWにかかってますね?
韓国旅行を計画されている方、是非是非行ってみて下さい~♪

そして、気になるエッセー集、、、全然読めないと思いますが、どうにかして買おうかと考えています。

「○○さん、6ページから10ページ担当」
って担当別で訳しましょうか??(笑)
(高校のとき、英語のリーディングでよくやっていました(笑)
私の担当は人より多かったけど(笑))

ま、それは冗談として、本を買って、
「ちょっとここだけ訳してみたんだ」
という方は、是非内容を教えてください m(_ _)m

そういえば、クッキングブックも手付かずで訳してないなぁ^^;
後半のオッパの家紹介のところは訳したいな、と思いつつ写真を眺めるだけ、、

夏が終わったら、やるかもしれません、今のところの私の野望です(笑)


追記です。
こんなの(音なります)作ってしまいました。
内容は全然できていませんが、いつか仕上げる予定です(笑)
[PR]
by hyunwoo | 2006-04-20 00:37 | ■Others■

オッパが話題のドラマの主題歌を!!
みなさん、こんばんは^^

さて、これは嬉しいニュースです!!

MBC 5/13より放送の「花火」の主題歌をオッパが歌います~♪

ソースはこちら

これ、かなり注目のドラマなんですよ!
KNで放送されること間違いないっ!(多分ね)

なぜなら、カン・ジファン君@頑張れクムスンの次の出演作だからっ!(といっても私は見てない(笑))
あちこちで話題になっていたので、題名だけ覚えていたんです^^;

しかも、ヨンセンことパク・ウネちゃん@チャングムの誓い、ハン・チェヨンさん@今話題の快傑春香が出るとなったら、日本では話題になること間違いなしっ!

そして、「あら?あの主題歌を歌っているのって、、、??」「もしかして、屋根ネコの室長!?」と話題沸騰(妄想中(笑))

オッパは「アイルランド」以来のドラマの主題歌ですね♪

そういえば映画のMVの曲も手がけていて、曲作りに時間を割いているということでしょうか!?

オッパは19日、録音らしいっすよ^^
楽しみ~♪
一回目はネット視聴しようかな?

===========翻訳機ママ==============

タレントカン・ジファンとパク・ウネがドラマ OSTに参加, 直接歌を歌う.

二人は来る 5月13日 MBC ‘シンドン’ 後続で初放送される '花火'(仮題, シナリオ金純徳/演出ジョン・セホ)の OSTに収録される歌を熱唱する.

MBCは “ ‘花火’ チームが直接 OSTに参加して歌を歌うようになる”と “イ・ヒョヌが主題曲を歌って, カン・ジファンとパク・ウネも隠して来た歌腕前をお目見えする予定”と明らかにした.

カン・ジファンはこのために 18日とけるに参加してパク・ウネはイ・ヒョヌと一緒に 19日録音を始める.

‘花火’はカン・ジファンとパク・ウネにそれぞれ特別な意味がある作品.
カン・ジファンにはデビュー作 MBC ‘頑張れグムスン’の熱い人気以後苦心あげく決めた二番目作品でパク・ウネは KBS 2TV ドラマ ‘十八二十九’ 以後約 1年ぶりにブラウン管に復帰する.

ある関係者は “ファン合コンや私的な席で歌実力を認められた二人だが, アルバムに積まれる歌を歌うことは今度が初め”と言いながら “二人がスックスロウォしながらも隠しておいた実力を見せてくれようと覚悟を押し堅めている”と伝えた.

一方, カン・ジファン、ハン・チェヨン、パク・ウネ、ユン・サンヒョンが呼吸を合わせる ‘花火’は裏切った愛に対する復讐のために偽装就業を敢行したオールドミスの話をつけることを予定だ.

===============================

あ、、でもストーリーは、、、あんまり???

今さっき、HEYHEYHEYを見ていたんですが(シウォン君がゲストだったので^^;)スガシカオとかトータス松本とかRIKAKOってオッパとタメなんですね~。(あ、パパイヤ鈴木も)
みんな若いなぁぁ、芸能人だから?
オッパが一番落ち着いた感じな気がしました♪
[PR]
by hyunwoo | 2006-04-17 21:18 | ■Others■


イ・ヒョヌ氏に関するブログです。
カテゴリ
Link
以前の記事
最新のトラックバック
元祖「韓流」、アン・ジェ..
from 韓国芸能ニュース
チャン・ドンゴンのプロフ..
from 韓国芸能ニュース
朝鮮日報 【特派員コラム..
from 朝鮮日報時事通信ブログ
地上波にて
from Let’s Try  韓流!
エルミタージュジャパン公..
from エルミタージュジャパン公式サイト
韓国映画ドラマファンの方..
from 韓国ドラマ映画なんでも情報館
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧